Feature of CURV

カーブ

The World’s First

世界で初めてカーブしたクロノグラフムーブメントを搭載したブローバ カーブ コレクション。その革新的なプロダクトの実現には、2 年もの歳月が必要でした。
消費者の価値観を知るべく家電、車、ファッション、家具など、多様な業界のトレンドをリサーチしたデザインチームは、「心地よさや快適さ」「物理的な豊かさよりも感覚的な豊かさ」が重視されている実情を理解しました。心身とプロダクトが、より近い距離で共存し合うこと。そこで、腕時計は腕に装着するウェアラブルツールとして生まれたという原点に立ち返り、「腕にフィットする究極の形」を目指すことにしたのです。

Movement

そこで行ったのが、ムーブメントごとカーブさせるという試みでした。腕に沿うようカーブさせた基盤を用意し、試行錯誤の末、クオーツ振動子やコイル、電池など曲げることのできないパーツの配置を決定。長針が12時や6時の位置にきたときにカーブした風防に接触しないよう、針の高さや風防の厚みを0.1mm 単位で調節しています。

Design

デザインのキーワードとなったのが、曲線美と薄さです。曲線美は広いガラス面やケースラグなどの面で、薄さはケースサイドなどに見られる線で表現されています。また、文字板を曲げたのも、ブローバにとって初めての出来事でした。リングを乗せた後で文字板全体を曲げる製造工程も、このコレクションのためだけに開発されました。
2016年にお披露目されたブローバカーブコレクションは世界中から多くの称賛を集め、ブローバの革新性を体現したコレクションとして不動の地位を築き上げています。

CURV COLLECTION